Lotta flyttar hemifrån

sympaな毎日

イノダさんでコーヒー、そして指その後。

年末のお買い物途中、横浜高島屋に秋頃突然出来ていたイノダコーヒーにピットイン。
甘いもの好きな2人がコーヒーだけで済むはずもなく、
わたしはザッハトルテ、主人はチーズケーキを頼む。

イノダさんのコーヒーは注文するときに
「お砂糖とミルクは入れますか?」とあらかじめきかれるのが不思議で、
ウチが一番おいしいと思う砂糖とミルクの配合で飲んでや〜
というのかと思っていたけれど、関西のお友だちに尋ねると
おしゃべりに夢中で頼んだコーヒーを飲む頃には冷めてしまい、
砂糖もミルクも溶けない、というのを避けるため?という説を聞き納得。

ちなみに入れてください、ってお願いするとアラビアの真珠はお砂糖ミルク両方、
コロンビアのエメラルドはミルクのみでした。なんで?・笑



そして指の経過。

29日に年内最後の診察を受けに病院へ行きました。
するとその前々日に抜糸は1月2日くらい、と言われていたのに診てくださった
縫ったおいしゃさんとは別のお医者さんが
「こんなに化膿してるの、糸切らなきゃ治らないよ」
とその場でパチンパチンと切ってしまいました。

(いろいろ思い返すと縫ってくれたお医者さんは相当のヤ○だと思われる。)

そして自分で消毒できるでしょ。と大量のイソジンをくれて、お正月はそれで乗り切る。
5日にちょうど抜糸から1週間経ったので同じお医者さんに診てもらうと
「ちょっとキレイになったね。もう濡らしてもいいかな、じゃ通院終了で」
と言われたので
「この腫れとしびれはいつ頃まで続くんですか?」と訊いてみると
「神経が切れてるから年単位で残ります」

「・・・・・・・・・・・・」

そうなんだ。。。
平静を装って帰ってきたけれど、内心はかなりショック。
今後、支障をきたすであろういろんなことが思い浮かんできて泣きたくなった。

実際、今も痺れて感覚がないからモノをつまんだりすることが出来ないんだけど、
字も書きづらいし、刺繍もしばらく出来ないかな、お茶もうまく点てられないだろうな。。。
見た目もかなりグロテスクだし、どうしよう。。

という感じで、自業自得とはいえ心身ともにダメージ受けてます。

早く完治するといいな。。。。。