Lotta flyttar hemifrån

sympaな毎日

わたしのピアス事情

先日、久しぶりにピアスを買いました。

f:id:lotta1923:20180514150419j:plain

ボンマジックのバロックパール

いろいろ試してみて一番自分にしっくりくる12ミリのものにしました。

ダイヤと一緒で、歳とるとパールもどんどん大きなものが欲しくなるらしい。

最終的に選んだのは最初に見せてください、って言ったものだったので、ご縁があったのかもしれない。

 

姉がピアスホールをあけたのを見て、大学生になり真似っこしてあけた。

というわけで、ピアス歴30年近く。。

ちょうど読んでいた雑誌、ヴァンテーヌに掲載されていた光野桃さんのエッセイで

 毎日つけ続けることでピアスを完全に“自分のもの”にすることができる、ということ、
毎日つけると、自分の体温が少しずつ移っていくような感じがして、
肌や髪や、体の中を流れる血とも同じように馴じみ、私自身であるかのような存在になった、

みたいなことが書いてあったのを読んで、ものすごくピアスに憧れたっていうのもある。 

 

ホールがちょっと下の方なので、あまりぶら下がるタイプはつけたくないから

フープのものか一粒ダイヤ、7ミリパール。

そしてここ数年はお守りがてらこれらをヘビーローテーション

f:id:lotta1923:20180514150340j:plain

f:id:lotta1923:20180514150408j:plain

着ているお洋服が地味なので、ジュエリーくらいはかわいらしく・笑

白蝶のスイートアルハンブラはオールラウンダーで、着るお洋服が決まっていないときはとりあえずコレみたいな存在。

(フルマラソン走るときも!)

 

オニキスのヴィンテージアルハンブラは、地味な中でも特に辛口なファッションに合わせるようにしている。

(どちらも落としたらシャレにならないので、ピアスがついているか確認する癖がついてしまった)

 

 

光野さんがボンマジックのオーナーだった白井さんから言われた

「どんなに辛く苦しい時も、朝起きたらまず好きなピアスをひとつつけること。

エネルギーをチャージして元気に一日をスタートさせる、それがジュエリーの力」

という言葉もものすごく心に残っています。

わたしにとってのジュエリーも、つけることによって元気や自信をもらったり、見守ってくれるもの。

 

新しいピアスも早くそういう存在になるといいな。