Lotta flyttar hemifrån

sympaな毎日

富山マラソン2018

f:id:lotta1923:20181030085213j:image

今年は車いすに乗せられることもなく、無事終了。

(着替えも終わり、ヨレヨレの格好で迎えのハハを待つ姿)

 

体調がイマイチすぎて走る直前まで不安しかなかったのだけれど、

いろいろ思い返し、マラソンに出られるだけで幸せなんだもんねー。と気分を上げる。

そして今年は自分のできる範囲で頑張ろう、ということを目標に。

 

しばらくは遠くにサブ3.5のペースランナーさんの頭の風船が見えていて、今年はどうだろう、、と思いつつ、

ハーフ近くにある新湊大橋でその大集団に追いついてしまい、前に行けなかったのもあるけれど、後ろにつくことにした。

 橋の上は雨+横から強風。誰か風よけにしたいけど、これ、わたしが風よけになってない?って位置取り。

ま、いいや、と思っていたら20キロのラップが5分25秒、21キロのラップが5分15秒。

あららー結構ゆっくりなペースになったな。と思ったけどあまり気にしていなかったら

ハーフ地点でタイムは約1時間44分39秒。

ペースランナーさん、、

ぜ、絶妙すぎる、、っていうか前半でこれだと、後半はわたし失速するだけだから絶対3時間半切るのムリー

思った通り、橋を降りたら集団からどんどん離されてしまい、でも今回は「あー離されちゃったなー」と思うくらいで、あまり気にならず。

ただただ姿勢と息を吐くことだけを気にしていた。

 

34キロくらいで伯父伯母従姉を見つけて手を振る。

去年はこのあたりから大失速だったのに、今年はずっとキロ5分をキープ。

落ちないねーとサブ3.5できるんじゃない?と一瞬思いつつもこのまま5分ペースでなんて走れないわよー。

と頭の中では残りをどれくらいのタイムで走ればいいのか苦手な計算をしてみる。

が、わからん・笑

 

しばらくすると大集団で見かけた女の人が何人か脱落してきた。

そして今度は小柄な筋肉質の女の人に抜かれた!

いつもはここで抜き返そうと頑張るわたしが、今年はあー抜かれちゃった。

と思うだけで戦闘意欲ゼロ。

またそのまま淡々と走っていたら今度はその人を抜いちゃった。

4回くらい抜いたり抜かされたりを繰り返して40キロ過ぎにある富山北大橋を渡っているとき、またその人に追いついて抜こうとした瞬間

「頑張ってください!」と言われ、こんな時でも応援できるってすごい!

わたしも「あと少し頑張りましょうね!」と。

 

41キロ過ぎて前を走っていたペースランナーさんが戻ってきて

「間に合う!間に合う!」って叫んでる。

ほんまかいな?と半信半疑で時計をみたらなんとなく現実的な数字。

そして後ろに回ったペースランナーさんに「あと700m!グロスで3時間半切るよ」とまた叫ばれて追いかけられ、最後のラップはキロ4分33秒。

信じられないことに、サブ3.5達成できた。

ビックリ

 

 今年のラップはこんな感じ。 

 

f:id:lotta1923:20181030101515p:image

 

 ちなみに去年の。

後半の失速がひどくて抜かれっぱなし。恥ずかしい・・・

  

f:id:lotta1923:20181030101522p:image

 

 自己ベスト更新とはいかなかったけれど、今の自分のベストは出せた気がします。

スピードはなくてもスタミナがあればなんとかなる!

こつこつと走りこんだ結果だと、自分をほめてあげようと思う。

 

そして主人は10分以上自己ベスト更新!

調整もうまくいっていたので、サブ4行けるかと思ったくらい。

 

富山マラソンは沿道の応援が途切れず、ほんと走っていて楽しい。

また来年ー