Lotta flyttar hemifrån

sympaな毎日

横浜マラソン2019

昨日長々と書いたブログが保存されてなくてショック

もう書きたくないけど、肝心の結果なので書いておく

f:id:lotta1923:20191111091347j:image

スタートブロックBでいつものように慎み深いので真ん中くらいに陣取ったらロスは1分43秒。

整列締め切りの8時を過ぎてもじゃんじゃん入ってくるし、

隣でアップしてるAブロックの人もいた

 

トイレはパシフィコについてから1回、高島中央公園でも1回行った

マスクはスタートまでしておくことにしてポケットティッシュは2個携帯

が、並んでいるうちに1個使い切ってしまい、あぁぁぁぁどうしてもう1個持ってこなかったのーーーと後悔

突然、学生時代テニス部同期のCちゃんは練習中いつもかんだティッシュをポケットに入れて、またそれを使っていたのを思い出した。

Cちゃんは今頃おかやまマラソンのスタート地点にいるのかー

お互い頑張ろうね、とお鼻をチーンしながら心の中でエールを送った

 

スタートして5キロくらいまでは大混雑。
1/7フルマラソンとスタートが一緒なものだから余計にカオス
3キロくらいでもう息も絶え絶え汗だくになっているおじさんを見かけて、
この人大丈夫かしら、、とゼッケンをみたらフルマラソンじゃなかったので一安心。

 

脚は痛いし呼吸は辛い。

わたしこそ大丈夫かなーと思いつつ、それほどラップは落ちてない。

女子にばんばん抜かれても、まぁいいや、と走れるペースで淡々と進んだ

ハーフで1時間43分くらい、サブ3.5は高速道路次第だなー

最初は気にしていなかったサブ3.5がちょっと見えた

が、やっぱり高速道路は甘くなかった

体が常に左右に傾いて走ってるような感じ?

あとは延々と前を走っているのが見えるので気持ちが折れる

この日のテーマは「前を向く」だったので余計に。

心折れついでに気にしないようにしていたトイレ問題が頭に浮かんできた

しばらく意識を向けないようにしていたけれど、高速のうちに行っておこう、、

と下りる手前の最後のトイレにピットイン

そして高速下りる直前でサブ3.5のペースランナー御一行様に追いついた

もうこれについていけばいいや、と思ってしばらくついて走る

が、結構な数の集団で給水の時下半身にアクエリアスをぶちまけられてキレそうになり(かけ返そうかとおもった)、苦手な整体師さん(知ってる人)を発見して、あ~この集団イヤかも~

35キロ過ぎてヒッソリと前に出た

前を走るのは超小柄でほっそい女性(わたし的に最も苦手なタイプ。自分と真逆だからか)

抜こうと思ったら斜めに走ってわたしの前に出るじゃない・・・

こういう性格の悪そうなところが嫌なんだよねーと走りながら考えることじゃないことをあれこれと。(スミマセン完全に私見です)

しばらく後ろをついていたんだけど、結局抜いた

で、やっと長谷川理恵を発見!

シンボルタワーの折り返しの手前で見つけたけど、追いつけるかは微妙だわ

と思ってたんだった

追い抜きざまに「頑張ってくださいね!」と声をかけたら突然声をかけられてビックリしたのかギョっとされた。

「頑張りましょうね!」といったほうがよかったのか、しょーもないことをあれこれと考えていると、全身ナイキの「大迫傑子」みたいな女子に抜かれてしまう

大迫傑子には追いつけず、でも残り4キロもないのね。とちょっと気合を入れる

サブ3.5はできそう

赤レンガ、新しいハンマーヘッドからいつもブラブラしているみなとみらいに帰ってきて一安心

でフィニッシュ

f:id:lotta1923:20191111091530j:image

 

前回の富山から補給問題が解決して後半の失速がなくなりました。

が、どこかに美味しいジェルってないものかしらね・・

35キロでポケットから出したピーチ味のジェルを一口いれて衝撃

しばらく持ったまま走り、次の給水で半分くらいはお水と一緒に流し込んで残りはバイバイ

味見くらいしておけばよかった・・

 

あとツラツラと書いてきて思ったんだけどわたし、もっと集中して走ろうよ・・

今後の課題とすることにします

 

今回はいつもブログを読んでいる方が横浜の応援に行くとおっしゃっているのを見て、

声かけますね!とどこにいらっしゃるのか聞き、2回ハイタッチできて嬉しかったです

一人で(厳密にいうと夫と二人で)走ってるだけで、あまりこういう機会がないもので。

 

f:id:lotta1923:20191111091418j:image

帰りはそごうのタカナシミルクファームでソフトクリームを食べる

オツカレーわたし 

 

完走メダルもたまる一方です

f:id:lotta1923:20191111091452j:image